So-net無料ブログ作成

避難訓練&AED講習会 [生活]

住んでいるマンションで、避難訓練が行われました。

こんな時なので、参加者もかなり大勢

 

このあたりの避難場所の再確認

災害や停電等があった際の注意点

等についての説明があった後

AED(電気ショックで心臓のケイレンを止めて正常に戻す装置)

の使用講習が行われました。

 

aed1.jpg

 

人形を使った実演

 

何人かの方が 実際にやってみましたが

見ているのと やってみるのは大違い

 

自分に置き換えて 爆笑する場面もありましたが

貴重な体験ができました。

 

aed2.jpg

 

人が倒れていた場合の対処の方法をまとめますと

 

① 倒れている人に近づいて  低い姿勢で  相手のおでこに片手を置いて

  その手の肘を地面につけた状態で  耳元にささやくように

  もう片方の手で 肩を叩きながら

  「大丈夫ですか!」 と声をかける。

 

  少しずつ 声を大きくしていく

 

② 相手が反応を示さない場合  回りに大声で

  「誰か手を貸して下さい!」 と叫んで 助けを求める。

 

③ そして 駆け寄ってくれた人 ひとりひとりに

  「あなたは、119番に連絡して 救急車を呼んで下さい」

  「あなたは、AED を持ってきて下さい」

  と 具体的に 個別に指示する。

 

  その間 自分は、 両手を使って 相手の胸を押し

  心肺機能の復帰を促します。

 

④ AEDが届いたら

  AEDの装置は ふたを開けると 自動で音声メッセージが流れます。

   その指示に従うだけなので 意外と簡単ですが、

   1.まず装置に付属のパット2枚を 相手の服を脱がせ 心臓を挟む様な位置に貼る。

   2.機械が勝手に心電図を計り 電気ショックの必要があるかどうか判断する。

    3.必要なら 機械が自動で 電気ショックを与える。

      その際に 他の人が相手に触らない様に注意が必要です。

 

おおよそ こんな流れで 救急隊の到着を待つ ということです。

 

 

とにかく 焦らず 落ち着いて 行動する事が大事ですね!

 

難しいことかも知れませんが、勇気をもって 対応したいと思います。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。